ハラスメント防止・対応

ハラスメント防止

ハラスメントは、人権を深く傷つける行為であり、決して許されることではありません。

 

ハラスメントは起こった後に対応するのではなく、防止ないし予防することが大切です。

 

えみたす鰍ナは、ハラスメントの相談窓口、ハラスメント予防のための就業規則の作成・変更、
ハラスメント予防セミナーを提供しています。

 

 

 

ハラスメント相談窓口

2022年4月より中小企業においても、ハラスメントを防止する措置を取らなければなりません。

 

具体的には、ハラスメントの相談窓口を設置知らりすることです。

 

社内に設置してもいいのですが、それだと実際は相談できないのではないでしょうか。

 

毎日、顔を合わす人に、「だれだれさんからパワハラを受けました」とは言いずらいのではないでしょうか。

 

そのような場合は、専門の第三者に外部委託したほうが実効性があります。
また、費用的にも担当者を立てるより安くなるかもしれません。

 

えみたす鰍ナは、実際にハラスメントの対応をしてきたスタッフが対応に当たります。
また、代表が社会保険労務士であることから労務管理のプロフェッショナルが対応いたします。
中立的な立場で話を聞くので変なバイアスがかかりません。

 

ぜひ、お問い合わせください。

規則の作成・変更

ハラスメントを防止するうえで必要なことが就業規則です。

 

就業規則にハラスメント防止の文言は入っているでしょうか。

 

もちろん文言が入っているだけではだめですが、入っていないよりまましです。

 

また、就業規則の中に、懲戒規程が記されているでしょうか。
懲戒規程がない場合は、懲戒できません。

 

自社の就業規則をじっくり見てみてください。

 

えみたす鰍ナは、代表の社会保険労務士が就業規則を作成し変更を行います。
就業規則の変更のお手続きをすべてワンストップで行うことができます。

ハラスメント防止セミナー

現在、ハラスメントという言葉が巷に溢れています。

 

セクハラ・パワハラ・マタハラなど多くのハラスメントが定義されるようになりました。

 

しかし、専門家の目から見てハラスメントに当たらないことでも、ハラスメントとして会社に訴えてきている従業員もいます。

 

そのようなことを防ぐためにも、きっちりした知識を持つことが必要です。

 

えみたす鰍ナは、難しい言葉を簡単な言葉に変更しわかりやすくセミナーを実施しています。

 

まずは、ハラスメントの社内教育からしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

page top